スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月28日【昨年10月--12月の失業率が3.1%まで回復!】

2010年01月28日 13:03

マカオ統計局が発表したデータによると 昨年10月-12月期の失業率は3.1%で、
金融危機発生前の数字まで回復した事があきらかになった。


昨年10月-12月期の失業人口は約9900人で7月-9月期に比べて800人減少。
しかし、中国本土の市民の労働参加率(就業率)は7月-9月期より1.1%下がり、66%まで落ちた。

昨年全体の失業率は3.6%で08年より0.6%上昇。

チャイナサンズCEOの翟氏によると、
「サンズは工事停止中の第5、6期を再開させる為、現在、請負業者と
 再開スケジュールを検討している。先の30日以内に50数個の工程契約を締結させ、
 中国の旧正月直後に工事を始めるように期待している。
 工事再開には最低で10000人の建築作業者が必要になり、初期の工事は
 2011年の6月に運営開始する予定であり、更に8000-12000人の作業者を募集する予定。」

また同氏は、政府の地元市民保護の政策に基づき、地元作業者を優先的に採用する方針で今後2・3年で、
マカオの失業率がさらに改善できるという。



(2010年1月28日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!
購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪

お申し込みはこちらをクリック


※ランキングに参加しています。クリックのご協力を宜しくお願いします!
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。