スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年9月27日【オーナー呼び値がより積極的に、9月の成約数は660件】

2012年09月28日 10:11

オーナー呼び値がより積極的に、9月の成約数は660件
マカオ中原不動産によると、アメリカ連邦備蓄理事会のQE3政策がオーナーの信頼度を上げたため、呼び値もより積極的だ。
9月の取引は難航し、或いは660件まで下回ると予想される。第三期をまとめ、成約数は約3,400件だと想され、去年同時期の2,194件より、数字が上がると予定している。
しかし実際的な成約数は去年同時期と殆ど同じく、今年の合計成約数は約13,000件だと述べていた。

不動産相場は調整時期に進出
中原(マカオ)不動産の取締役石寶德、中原(マカオ)不動産タイパ、工商店舗及び項目発展区域の営業取締役何兆恆氏、
中原(マカオ)不動産マカオ区域営業取締役張麗華氏が第三期不動産相場を振り返った。

石寶德氏により、QE3政策が発表されて以来、マーケットは資金が不動産相場に入ることを期待するが、この政策はしばらく計画されたものなので、
購入者はすでにこの政策を理解し、一気に不動産相場に入ることはないと予想される。

また、不動産を購入する際に一番かかわってる要素は経済能力であり、
銀行もリスク判断により物件ローンの見積もりを調整するため、マーケットは自己調整時期に入った。

このニュースはオーナーの信頼度を上げ、呼び値もより積極的だ。

購入者の態度はもっと慎重になり、もし不動産の値段が上昇し続ければ、上昇の幅を消化するのに時間がかかると思われる。
今後の2、3カ月に価額は変わらず上昇される一方なら、取引が少なくなると予想される。その結果オーナーは売呼値を下げなければならない。
マカオ不動産は主に住宅用が多く、新物件に換える需要の支持の下、全体的に上昇の傾向を保持している。ただ上げ幅は最初の3期と基本的には変わりはない。
経済の不安定及び政策要素の影響のため、第4期にははっきりとした上げ幅が無いとすると、今年成約するのは約13,000件と予想される。
不動産値段の方面は今年に入って15-20%まで上がった。

未公開の不動産規則管理は短期に出る
現在不動産マーケットに不安定要素が多く、周りの経済発展によって今後の状況は変わる。
QE3の進行に伴い、アメリカ経済未だにが良くなる様子がないと示した。ヨーロッパ債権危機の続きは延引状態で未解決である。
中国は短時間的の経済調整から銀行貯金緩和する。そのため、周りの経済不安定の状態はマーケットに影響していく。




(2012年9月27日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。