スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月29日【中小企業が協力し遊覧船の港を建設 】

2012年11月30日 10:22

マカオ科学館近辺に建設予定
マカオ中小企業会がたくさんのメンバーを募集し、会社を設立して、遊覧船と港のリゾート「パール遊覧船港」を建設投資して運営するそうだ。
6億香港ドルで投資することを見通し、科学館から観音像まで一帯の水域に建設することを検討しており、面積は約6万5千平方メートルです。
初期計画は100以上遊覧船バースを提供し、船、ガソリンスタンド、特色ある海上ホテルの宿泊、飲食、イベント場所などがある。
計画に関しては10月上旬にマカオの行政長官に提出して審査を行って、このプロジェクトは土地借りずに、また埋立てもせずに港を建設することを強調する。

参加メンバーが相次いで増加
副理事長容應存氏によれば、マカオ125の計画及び特区政府政策の力を合わせて、マカオを世界の旅行リゾートセンターとして推進する。
そして政府が提出した遊覧船個人旅行という計画を支持して、たくさんのメンバーを集めて会社の設立を発起し、
マカオに遊覧船と港のリゾート「パール遊覧船港」を建設投資して運営する。
マカオの経営環境の変更につれて、中小企業独自で発展し難く、そのためマカオ中小企業が出し合う資本を結合して、最も広い発展空間を広く開拓する。
現在メンバーは約10名ですが、メンバーが相次いで加入する。
このプロジェクトの特徴は非賭博の旅行要素を増やすこと、改善及び新口岸景観を美化することだ。
南中国海、香港、ジュハイなどの場所から遊覧船でマカオに旅行客を引き寄せ、質の高い旅行消費を促進する。
副理事長張才勝氏によると、このプロジェクトで港の建つ場所は新街計画、航路要求、河川の状況及び周囲景観を妨げずに、
しかも土地を借りずに、埋立もせずにただ港を建て、水位の許可を求めて非高層建物を建設することを主とする。
短時間で施工して、政府の許可を得てから3、4年間以内に進行する。

計画が100以上のバースを提供
このプロジェクトは多元化旅行リゾートサービスを提供し、その中に遊覧船バース、管理及び保養サービス、飲食、特色のある海上宿泊ホテルなどがある。
マーケットはスーパーマーケット、船工場代理商連絡オフィス、レンタル遊覧船などのサービスを含む。
中小企業を助けるため、この協会のメンバーは優先経営権を持っています。
違う長さの特大(120フィート以上)、大型(80-120フィート)、中型(40フィート‐80フィート)及び小型遊覧船(40フィート以下)のバースを提供するため、
初期計画で100個以上遊覧船バースを提供する計画だ。
マカオは遊覧船の港がありますが、南沙はそのプロジェクトに関する計画も発展しており、名誉会長何萬昌氏が競争を心配せずに、サービスを高めて大マーケットを行うことができると考えられます。
中小企業会は昨日午後3時にMGM宴会庁で副理事長司徒璧光氏が記者会を行いました。




(2012年11月29日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。