スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年6月5日【内需拡大 インフレ高騰】

2012年06月05日 14:45

ギリシャはどうなるのか、その結論はすぐ出ます。
そのため各国政府と多国籍グループは、最悪の場合にはギリシャの「ユーロ離脱」を考え、
更に様々な対応策を立てることも検討しているため、深刻さは金融津波に劣らないほどです。
歴史上でかつてこのような経験があったとは言え、ユーロ圏のような大規模でこんなに大きな影響力のある経験は今までありません。

マカオとヨーロッパの経済往来は頻繁ではないため、直接的な影響はある程度防ぐことができます。
しかし、ユーロ圏は中国最大の輸出先となります。
輸出減少により中国経済成長も減速し、間接的に中国観光客の購買力にも反映されるので、
マカオも影響を受けます。

5月、カジノ収益の伸び率が減速し、周辺小売サービス業界でも「寂しさ」を感じました。
そのため観光客の購買力は明らかに低下しました。




(2012年6月5日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://macauinfo.blog85.fc2.com/tb.php/713-2dba6c45
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【2012年6月5日【内需拡大 インフレ高騰】】

    ギリシャはどうなるのか、その結論はすぐ出ます。そのため各国政府と多国籍グループは、最悪の場合にはギリシャの「ユーロ離脱」を考え、更に様々な対応策を立てることも検討しているため、深刻さは金融津波に劣らないほどです。歴史上でかつてこのような経験があったとは...



    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。