スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年9月19日【中国本土経済疲れ、「十・一」来客数が安定】

2012年09月19日 16:43

中国本土経済発展の減速により、マカオへの来客数が影響を受け、
もうすぐやってくる「十・一」(10月1日)からのゴールデンウィークは今後の指標となります。

 観光事業者は、ホテルの予約状況から見ると、
「十・一」の来客数は去年と変わらず、もしくは若干の増加があると予測されるといいます。
ガイド業界によると、「十・一」はホテルの価額が高騰し、前半は中国本土からの団体ツアーは多くないですが、
後半からホテルの宿泊代が多少下がってから、団体ツアーも多くなると予測し、
「前低後高」という傾向になると予想されます。

 さらに、日中関係の緊張の高まりから、中国本土の日本観光ツアーは殆どキャンセルされ、
あるいは香港・マカオツアーに変更されることもあるため、マカオの観光業はその中から利益を得ました。

 観光業議会胡景光理事長は下記通り発表しました。
「今年ホテルの予約状況は「慢熱(価格がゆっくり上昇する)」の傾向があります。
去年9月マカオホテルの予約率は70~80%に達しましたが、今年9月中旬の現在、
ホテルはまだ空き部屋が多く持っており、価額も急に上がる見込みがなく、
普段の休日より少しだけ高くなっています。」。




(2012年9月19日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://macauinfo.blog85.fc2.com/tb.php/769-2423091a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。