スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年9月24日【ブランドメーカー製品ハイリターン・消費者の購入ブーム】

2012年09月24日 18:12

もし比較的にリスクが低く、長期間で相当なリターンを求められるという条件で
 1つの簡単な投資方法を挙げるとしたら、
 筆者は迷わず「ブランドメーカー製品投資法」を挙げる。
 ブランドメーカーという優位な立場を持つ会社が発行した商品はいつも
 同業他社の同様な商品より値段が高くつくにせよ、
 消費者の間に購入ブームを起こすことができる。
 一番説得力があるのはAppleの製品だと思われる。
 性能が抜群、さらにお洒落な外見が価額の保証になる。
 Apple iPhone4Sの価額は約5,000香港ドル/台。
 それに比べ、同様な性能を持つ台湾のHTC328Dの価額は3,000香港ドル以下という点から、
 Appleと同じ性能が持っていても、価額はずっと安い。
 この「iブーム」の魅力はApple製品が「おしゃれアイコン」のイメージを持ち、
 高いにしてもそれなりの価値があると思われるため、ブランドメーカーの製品は相当な影響力があることがわかった。

ブランド商品を売らなければ、市場は委縮
 世界でブランドメーカーとして優位だと、投資のリターン率が特に高いという企業は少なくない。
 もし最も有名な炭酸飲料メーカーと言ったら、コカコーラ。
 もし全世界で最も有名なタバコのブランドと言ったら、マルボロ。
 もし全世界で最も有名なファストフードと言ったら、マクドナルド。
 もし全世界で最も有名なコーヒーチェーン店と言ったら、スターバックス。
 もし全世界で最も有名な遊園地と言ったら、勿論ディズニー・・・など。
 あなたは各業種の中でその他多くのブランド企業を答えることができる。
 コカコーラはマカオ国民的な飲み物のため、例えば5パタカ値上がりしたとしても、
 コカコーラを買わなかったり、ほかの安い無名ブランドの商を選ぶことはしないはずだ。
 反対に、お店では何人かの消費者が特に好きなブランドを売らずに、いくらかのビジネスチャンスを失うかもしれない。
 中国本土の「中国移動」という企業は、iPhoneを売らないため、市場の占有率はずっと
 ほかの競争相手の蚕食に遭っていることが例に挙げられる。
 有名ブランドメーカーの商品は「買路銭(その道を通るためのお金)」というにふさわしく、
 企業の高い水準の投資リターン率がずっと望める。
 過去10年、全世界の株式市場はあまりいい動きをしていない。
 表の世界の有名なブランドの企業の株価は着実に上昇しており、株主に多くの配当金が配当されたものも少なくない。



(2012年9月24日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://macauinfo.blog85.fc2.com/tb.php/771-14a9f8f8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。