スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月5日【学者:マカオの人材飽和、素質のコントロールが重要】

2012年10月08日 11:08

学者:マカオの人材飽和、素質のコントロールが重要
マカオニュース:各地で人材の不足の問題に向き合っていますが、毎年のマカオの就職人口は明らかに1割増加し、
学者によれば、34.4万人目前の就職人口は、5年後は55.4万人まで増加します。
数は十分に余裕がありますが、どうやってその人材をコントロールすればいいかのは肝心である。
まず、主に非技術雇員を追加すると、主にマカオの産業の単一化と関係がある。
どうやって教育して相関的で優秀な人材を作り発展させていくか、明確な新興産業の発展方向を決める必要がある。

台湾は投資を促進するため法例を修正し、投資案件の外国人の雇用比率を引き上げましたが、労働集団は賃上げできなくて悩んでいる。
シンガポールは生産力を引き揚げるため優秀な人材の追加を減らします。

地元の学者によれば、マカオも同様、労働人口の緊張、生産力の上昇と、差し迫った事態の苦境に向き合っている。
人材と産業の構造は密接である。マカオ産業は単一化で、従業員は殆どカジノ旅行業、政府などの仕事に向けているが、
社会は適度に多元化へ発展するのを望んでおり、人力資源の問題は複雑で多様になっていく。
そのような新興産業は多い。たとえばイベント、文化創作、漢方医療などであるが、ある部分産業はまだ発展中で単独で立派になれるかどうか疑問になる。
人材の追加を引き寄せない原因は、新興産業の前景及び政府の人材に対するの政策が不完全なためである。

マカオ人の賃上げ過程は阻むものが無い
学者によれば、新興産業の人材産業が盛んになれば成長を引き上げられる。
他の企業者の不満をもらたすのは意外である。政府が毎年、就職人口は約1割増加し、34.4万人を目前にし、5年は55.4万までに上がった。
10年後は90万人まで激増し、企業拡大の需要を満たせて、供給は需要を上回る。

現在マカオは人材の素質を欠いている。非技術雇員の増加が多いため、未来の発展に影響を及ぼす。
マカオ政府が外国雇員の追加を審査する際に、年齢から推測し、若い従業員を雇用したほうがいいと考える。
なぜなら、20代30代の若い人は一般的に教育程度が高く、学歴レベルも高い。外国企業の雇員のために仕事の調整を行うべきである。
内部の調和が取れないと、人材が去っていく。

今後、外国人の雇員の比率が高くなっても、学者はマカオ人の給料が減らされることは懸念していない。
マカオは生活素質が高く、賃金がマカオの人材マーケットの基準に近づかない場合は、人材を雇用するのは難しくなるからである。
現在の人材追加のスピードに従えば、かえって住宅需要は即解決すべきな問題で、不動産の値段が加速して上がるのは無視してはいけないと思われる。




(2012年10月5日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://macauinfo.blog85.fc2.com/tb.php/775-82ce58f4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。