スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月8日【第3四半期 約1,000社の会社が設立 】

2012年11月08日 18:01

マカオは引き続き資金誘導をしている。統計局によると、第3四半期に新しく設立された会社は1,000社に近い。
新会社設立の最高記録はこの第3四半期に記録した。毎月平均300社が設立した。ただし、登録資本金は66.1%まで激減し、1.6憶マカオドルとなった。
その中に工商サービス業で登録した資本は著しく低下し95.2%マイナスとなった。
新しく成立された会社は主に卸売及び小売り(340社)、工商サービス業(204社)及び不動産(154社)だ。
今年第3四半期までに、マカオの登録法人は合計で39,116社、1年で3,717社増加した。

主に小資本、小売業
第3四半期に新しく設立された会社は992社あり、1年で16.7%増加した。
資本額から区別すると、登録済み資本が5万マカオドル以下で新しく設立した会社は678社(総数の68.3%を占める)あり、総資本額は僅か1,784万マカオドルだった。
一方、登録済みの資本が1,000万もしくは1,000万マカオドル以上で設立した会社は28社あり、合計資本金額は1.1憶マカオドル(総額の64.8%を占める)で、
新しく設立された会社は主に小資本で設立する傾向があるようだ。

新しく設立された会社の資本は主にマカオから(7,550万マカオドル)、その次に中国(6,981万マカオドル)、珠江三角エリアの6,173万マカオドルも含まれており、
その内香港の資本は1,181万マカオドルだった。一方、新しく設立した会社のうち、マカオの株主の会社は616社あり、マカオ及び他の国或いは地区との株主組合は123社だった。

公認会計士組合会長の陸丹青氏は以下のように分析する。
去年は政府が投資している、マカオ投資発展株式会社の開始資本金が4億マカオドルだったため、昨年の基数が上昇し、今年の登録資本が著しく減少したようにみえた。
第3四半期に新しく設立した会社の数が新記録を更新したのは、コタイエリアの事業分野拡大の持続、および観光業周辺の事業がマカオのマーケットへの進出にかかわっている。

このほかに、横琴島(おうきんとう)の特恵目録細則は年末に発表される。マカオ以外の投資者を誘致し、マカオを通して横琴マーケットに参入することを見越して、新会社が増加した。

賃貸が高くてネット上で店をオープン
最近ある現象が起きた。賃貸と人件費のコストも高いので、一部の会社はコスト節約のために店舗を設置せずにインターネット上で創業した。
ただ自宅の住所を法人住所に登録するだけだ。
一方、第3四半期に解散された会社は121社あり、資本撤回は1,171万マカオドル、その中の45者は卸売及び小売業だった。
今年の第1四半期から第3四半期まで新しく設立された会社は2,822社、1年で11.6%増加し、登録済み資本金の合計は4.5憶マカオドル、48.8%減った。
最初の第3四半期までに解散した会社は382社、資本撤回は6,401万マカオドルだった。






(2012年11月8日発行 澳門日報)

★おまとめ便メールマガジンの受付をしています!!
当ブログを毎日チェックしなくても、毎週1度マカオニュースをまとめてチェックできる便利なメールマガジンです。
おかげ様で会員様が増えて参りました!

購読申し込みは無料ですので、皆様のメルマガ登録をお待ちしております♪
お申し込みはこちらをクリック
解除はこちらからお願いいたします。⇒解除


勢いのある香港・マカオ・中国(珠海)をご覧になりませんか?
世界で一番勢いのある中華圏を肌で感じる。
ツアー開催中です!!


そろそろ将来の事考えませんか?
こちらでは海外投資に関する価値のある情報を提供しております。
無料でこちらの価値のある海外投資術を受け取る方はここをクリック
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://macauinfo.blog85.fc2.com/tb.php/789-5c119583
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。